top of page
  • 執筆者の写真Daisuke Neigisi

ベトナム市場でお店を経営する理由

私は元々、IT市場の開拓を目的にベトナムに駐在し、現地法人の代表を務めるなど、ベトナムと日本の両国で起業してきました。日本にとってベトナムは非常に重要な市場であり続けています。しかし、メディアの報道や進出に失敗する日系企業の姿を見る中で、正しい情報を得て実態を理解する必要性を強く感じました。


ベトナム市場に進出する理由は、リアルな市場感と確かな情報を自らの手で分析したかったからです。


そこで目を付けたのが、ベトナムの観光市場です。観光は盛んであるにもかかわらず、お土産産業は昔からほとんど変化していないことに気づきました。ベトナム生活を通じて、市場には新しいアイデアやデザインの導入が必要だと感じ、「hansryvn」を立ち上げました。地場産業と新しいコンセプトを融合させたバッグを作り、それが外国人観光客に大変受け入れられたのです。


発展途上国によく見られる課題として、創造性の欠如や先進国との情報格差があります。その結果、市場全体が停滞してしまうのです。しかし、製造業に新しいアイデアやデザインを取り入れることで、新しい雇用を創出し、市場をアップデートすることができます。


hansryvnはこの理念に基づき、ベトナム市場に挑戦しています。

hansryvnの店舗運営を通じて、ベトナム市場の特徴を深く理解し、新たに進出する日系企業をサポートできるようになりました。実際に店舗を運営することで、労働力の確保や賃金、ベトナム人の気質など、多くの情報を直接学びました。


10年間ベトナムに住んで感じたことは、ベトナム進出コンサルティングの成功率が低いという現実です。現地で多くの機会を見てきましたが、すべてのベトナム進出支援コンサルが間違っているわけではありません。しかし、現地の実情を知らずに進出することはリスクが高いのです。


hansryvnを経営する中で、ベトナム人の特徴を深く理解することができました。彼らの思考や特性を理解することで、現在の経営に至っています。私たちは、新しい価値をベトナム市場にローンチすることで、一社でも多くの日系企業がベトナム市場で成功することを心から願っています。


TomorrowFuture株式会社は、ベトナム市場での成功を目指す企業の強力なパートナーとして、皆様を全力でサポートします。ベトナム市場に関心をお持ちの方は、ぜひ一度ご相談ください。共に成功への道を歩みましょう。


閲覧数:1回0件のコメント

コメント


bottom of page